百夜通い

 

百夜通い

簡単だって笑えないよ

明日の約束に指は切れないし

遺体が崩れた月光に反射した声 鈍い音立てて殴り倒した 私

1LDK唯一人 帰りたいだなんてまた赤い嘘吐いて

鼻腔が告げた最後の貴方を 味しめて落ちる九十九の夜

大体何で笑いたいの? 隠す表情の意味も知れないし

「痛い」が溢れた電光に投写した声 残り僅かな時間を貴方と 高級ホテルに泊まりたい

また今度なんて 赤い嘘を吐いて 蝕まれてく翠(すい)を見透かした

幽玄(ゆうげん)に灯火した人生の灯も 簡単に消えてしまうのなら

ねぇ 本当に言葉だけしかくれないの?

お門違いな涙を流す 僕だけが置いていかれた世界で

茅蜩(ひぐらし)の音遠く鳴る esがまた咎められて姿を変える

放課後図書館集合ね

出来合いの思想に寄りかかる モーガン

1人で何処でも行けるけど 独りじゃ何処にも行きたくないし

患う前の毎日よりも幸せだったと 逃げる背に投げた

曖昧に透過した人生の美も 散々に見えてしまうのなら

ねぇ 綻び不甲斐なくて安物しか買えないし

終りの前に栞を挟む これ以上読むつもりも無いのに

幽玄(ゆうげん)に灯火した人生の灯も 簡単に消えてしまうのなら

ねぇ 本当に言葉だけしかくれないの?

お門違いな涙を流す 僕だけが置いていかれた未来で

簡単だって笑えないよ

明日の約束に指は切れないし

鼻腔(びこう)が告げた最後の貴方を 抱きしめて落ちる九十九の夜


にんげんのはなし

人が本当に死ぬのは忘れられた時

自分が何時までこの世界にいられるのか、

自分の大切な人が何時までこの世界にいられるのか、

わからないな~という事をテーマに曲を書きました。

僕は一人でいることが好きな人間だけど、

本当に独りきりで誰の中にも存在して居なかったらそれはきっと生きている事にはならないから、

「ここにいるよ~」と小さく声をあげながら、かろうじて呼吸を続けています。

明日も「覚えていられるほどの何かをあげられる」約束はできない、

だけど約束をしていなくても自分のことを覚えて居てくれる人がいるってめちゃくちゃ幸せですよね。

自分という存在を覚えて居てくれる人がいるうちは、きっと僕は生きているので、

守れないかもしれないけど、明日もきっとここにいる。という約束をしたいな、と思います。

生きているうちは音楽を作れます。これからも引き続きよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 KAKASHI OFFICIAL WEB SITE | My Music Band by Catch Themes